もうそんな時期なのですね。

やってきましたよ、税務署からずっしりした茶封筒が。

 

開業したばかりの頃、

初めての簿記に挑戦し、”固定資産がどうだ” とか ”前払費用がどうだ” とか

日々勉強しながら会計ソフトを使って記帳して、

税務署から次々やってくる茶封筒に、”今度はなんだー”なんて思いながら開封し、

「えっとぉ、これはぁー」なんて考えているうちにすぐに期末を迎え、

たくさんの書類に一つひとつ格闘していた時期。

はや一年が経ってしまったのですね。

 

封筒の中身は、年末調整や源泉徴収票関連の書類です。

そうそう、去年も見ましたよ!これ。

”まずは、読んでやってみよう” と

何度も何度もページをめくりながら書類を仕上げていったのを思い出します。

 

そして、その時に来年用にと控えもしっかり取りました。

だから、今年は昨年ほど苦労はしないはず!

 

まずは、11月中旬に行われる「源泉所得税の年末調整説明会」に出席しようと思います。

 

それにしても、

税務署関連の書類って、早口言葉に出来そうな名前ばかりで、

ものすごく息苦しいーと感じるのは私だけでしょうか・・・。

 

  ― 事務員 ―