滋賀県の相続・遺言・成年後見・不動産登記などご相談は司法書士塚田事務所へ

公証証書遺言の必要書類

 

必 要 書 類

備    考

遺言者に関する書類  

 戸籍謄本 本籍地の市役所で取得
 印鑑証明書 作成後3ヶ月以内のもの

財産をもらう 人に関する書類

 遺言者との関係がわかる戸籍謄本(※)
(遺言者の戸籍謄本に記載されている場合は不要)
 財産をもらう人が
遺言者の相続人である場合

 不動産関係 

 固定資産税の納税通知書  市役所から毎年4月頃に
郵送されてくるもの
 登記事項証明書  法務局で取得

 預貯金等 

 通帳などのコピー  金融機関名・支店名のわかるコピー
 預貯金等の内容がわかるもの 預貯金等の現在の金額のわかるもの
証明書は不要

 その他財産

 財産の内容がわかるもの 内容と現在の金額(価値)のわかるもの 

(※)財産をもらう人が遺言者の子供ではなく兄弟である場合にも、戸籍法第10条の2第1項3号に規定されている「戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合」に当たるため、遺言者が兄弟の戸籍を取得することができます。
役所に提出する申請用紙には、取得の理由として、「自分の兄Aに財産を相続させる旨の公正証書遺言作成にあたり、Aの戸籍謄本を公証役場に提出するため」などと記載してください。
また、司法書士が委任を受けて代理取得することも可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0749-53-4720 平日/9:00~20:00 [土日祝夜間も受付いたします]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 司法書士 塚田事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.