相続のお手続き

相続に関する手続は多岐に渡るうえ、短期間のうちに行うことが求められますが、

大切な方をなくされた悲しみの中、何から手をつけたらよいか分からず、

多くの方が途方にくれてしまいます。

 

相続は一生のうちに何度も経験するものではありません。

そのため、多くの方は始めて遭遇する問題点を前に、そのまま放っておくと、

困った事態に陥ってしまう可能性があります。

 

たとえば・・・

◆ 税の申告期限が経過してしまい、遺産分割をして控除の適用が受けられれば

   払わなくても済んだはずの、相続税を払うことになってしまった・・・。

◆ 相続放棄ができずに、借金を引き継ぐことになってしまった・・・。

相続が発生しますと、被相続人の名義となっている不動産などは、相続人に承継されます。

その相続登記を放置したまま年月が経過しますと、子・孫の代に影響が生じます。

 

いざ親名義の不動産の相続登記をするとなると、なかなか厄介なものです。

法定相続分って何?

遺産分割協議ってどうするの?

よく言う「ハンコ代」って、このことかぁ・・・などなど。

理屈は分かったけど、自分の名義にするには何が必要なの?

戸籍・・・被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍(除籍や原戸籍も)・相続人の戸籍

遺言書

遺産分割協議書

印鑑証明書

・・・・などなど。

 

是非、この機会に検討されてはいかがでしょうか。

全力でサポート致します。