滋賀県の相続・遺言・成年後見・不動産登記などご相談は司法書士塚田事務所へ

成年後見

  • HOME »
  • 成年後見

成年後見制度とは・・・

認知症などにより判断能力が十分でない方が不利益を被らないように

家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。

成年後見制度は、民法上、3つの類型に分類されています。

その1は後見類型:本人が、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあること、と規定されています。

つまり、身体上の障害を除くすべての精神的障害によって、自分の行為の結果について合理的な判断をする能力(意思能力)が通常欠く状態にあることであると説明されます。

 

その2は保佐類型:本人が、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分であること、と規定されています。

つまり、精神上の障害により判断能力が著しく不十分で、自己の財産を管理・処分するには常に援助が必要な程度を言います。

たとえば、日常の買物程度は自分でできるが、不動産や車の売買、自宅の増改築、金銭の貸し借りなどの重要な財産の処分行為は自分ではできない、など。

 

その3は補助類型:本人が、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分であること、と規定されています。

つまり、精神上の障害により判断能力が不十分で、自己の財産を管理・処分するには援助が必要な程度を言います。

たとえば、不動産や車の売買、自宅の増改築、金銭の貸し借りなどの重要な財産の処分行為は自分でできるかもしれないが、できるかどうか危惧があるので、本人の為には誰かに代わってもらった方がよい、など。

 

いざ、制度を利用しようにも手続が煩雑で、何から始めればいいのか、・・・。

司法書士は、成年後見の専門家として、成年後見業務に積極的に取り組んでいます。

審判の申立から就任まで、就任後においても、私がお手伝いします。

 

成年後見制度の利用を検討されている方や、既に利用していて困ったことが起こったときは、

お気軽にご相談ください。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0749-53-4720 平日/9:00~20:00 [土日祝夜間も受付いたします]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 司法書士 塚田事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.