被後見人の死亡に伴う、死後の手続きを親族の方と行うことになりました。

病院に出向き、看護師さんから経緯を伺い、ご遺体の搬送の手続きをしたのち、安置されるセレモニーホールに同行します。

そこで、葬儀業者との打合せが始まります。  

葬儀形式の打合せや通夜・告別式などの日程の調整。           

葬儀業者の手慣れた導きに任せ、段取りが進みます。

故人はカトリック教徒であり、カトリックの葬儀でお送りすることになります。

       


   

人生初めてカトリックの葬儀に参列です!

当方はというと、浄土真宗東本願寺の宗徒。 まあ、正確には実家のことですが・・。

           

セレモニーホールはカトリックの様式に彩られ、たくさんの花が飾られて・・・

・・・ いざ告別式の始まり! ・・・

         

神父さんの一挙手一投足に興味津々で・・。

仏式でいうと、これは??

” ? ” の吹き出しが  

[思考・妄想]楕円形の吹き出し(ふきだし)イラスト<細線>

次から次へと・・・

[思考・妄想]楕円形の吹き出し(ふきだし)イラスト<細線>

        

             

讃美歌が・・・・ 浄土真宗でいう、 念仏?  恩徳讃?

聖水の儀式が・・・・ お焼香?

パイプオルガンが・・・・ 木魚?

    

頭の中で、パイプオルガンの音色が木魚の打音とシンクロします。

      

いろいろ想像が尽きません。

          

神父さんの声がホール全体に響き渡ります。

” マリア ○ ○ ○ ・・・ ” ( 仏式でいう戒名? )

           


              

ご遺体にお別れを告げ、霊柩車に運び入れます。

外は、肌寒い、小雨の降る日で、神妙さが更に増します。

合掌。 合掌。

       

宗派は違えど、儀式は違えど、故人をお送りする気持ちに差異はありません。

           

ご冥福をお祈り申し上げます。・・・・・・・・アーメン!!